FC2ブログ
思い出のタイ旅行記
タイ旅行を中心に、私の旅行記録を綴って行きたいと思っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうぞ。ゆっくりして下さい。
≪本日のタイ語:七回目≫

■ どうぞ。

    เชิญ

    チューン

■ ゆっくり(楽に)して下さい。

    ตาม สบาย

    ターム サバイ

■ 子供は居るの?

    มี ลูก ไหม

    ミー ルーク マイ

「เชิญ」=どうぞ、招待する
「ตาม」=~よれば、~従って
「สบาย」=気持ちがいい、楽だ
「มี」=有る
「ลูก」子供 (一般的な大人に対する子供は「เด็ก」デックです)
「ไหม」=~ですか(疑問詞)

レディーを連れて帰って、部屋に入れるときや、チップを渡す時に
「チューン」と言えば良いと思います。

またレディーも初めて会った男の部屋に一人で入るので、内心は
とても怖がっていると思います。

そんな時に「タム サバーイ」と一言言えばレディーも少しは安心
するとともに、その後の大人のプレイにも影響してくると思います。

「ミー ルーク マイ」に関してはどうでしょうか。
子持ちがどうしても嫌な人は連れて帰る前に聞くべきでしょう。
しかしレディー達は連れて帰って欲しいので、正直に答えるか
どうかです。

正直に答える人も居れば、嘘をつく人も居るでしょう。

私の場合はほとんど聞きません。

聞いたのは「四回目の訪泰・二日目②」の時だけです。

それ以外は聞いたことがありません。

妊娠線を探したこともありません。

そのレディーと一時間なり二時間なり会話をして、気に入って連れて
帰ったのですから、子供が居ようが居まいが、オンナであろうがオト
であろうがどうでもいいことです。

その人物を気に入ったのですから(なんちゃって)

  ↓ここをクリックするとタイ関連のブログがたくさん見れます
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ


キングオブタイナイト





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sunnynoryokouki2012.blog.fc2.com/tb.php/45-c202d32c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。