思い出のタイ旅行記
タイ旅行を中心に、私の旅行記録を綴って行きたいと思っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数字
≪本日のタイ語:十回目≫

■ 0  ศูนย์  ๐  スーン     

■ 1  หนึ่ง  ๑  ヌン

■ 2  สอง  ๒  ソーン

■ 3  สาม  ๓  サーム

■ 4    สี่  ๔  スィー

■ 5   ห้า  ๕  ハー

■ 6   หก  ๖  ホック

■ 7  เจ็ด  ๗  ジェット

■ 8  แปด  ๘  ペート

■ 9  เก้า  ๙  ガーオ

■10   สิบ  ๑๐  スィップ

■11    สิบเอ็ด  ๑๑  スィップ・エット

■12    สิบสอง  ๑๒ スィップ・ソーン



■20    ยี่สิบ  ๒๐  イー・スィップ

■21    ยี่สิบเอ็ด ๒๑  イー・スィップ・エット

■22    ยี่สิบสอง ๒๒  イー・スィップ・ソーン



■100   หนึ่งร้อย  ๑๐๐  ヌン・ローイ

■1000  หนึ่งพัน  ๑๐๐๐  ヌン・パン

■10000 หนึ่งหมื่น ๑๐๐๐๐  ヌン・ムーン

今日は数字です。

数字は早めに覚えておいた方がいいと思います。

女の子に、年齢を聞いたり、身長を聞いたり、しても数字のタイ語を知
らなければ話になりません。

また、タイ人オンリーの食堂でも、数字のタイ語は必須です。

数字のタイ語は簡単です。日本語と似てます。

「1」から「10」まで覚えれば、あとは日本語と同じように10の位、
20の位・・・・をそのまま言えばいいだけです。

注意するのは、二桁の一の位の「1」ヌンではなく、エットになるの
と、20の位の「20」ソーン・シップではなく、イー・シップとなるぐ
らいです。

「0」スーンはほとんど使いません。

「100」ヌン・ローイはヌンを省略してローイと言うことが多いと
感じます。

以前こんなことがありました。

タイ語を覚えたての頃、ある食堂で食事を済ませた後、値段を聞く
為に、ウエイトレスに「タオライ」と聞きました。
そしてウエイトレスの言った言葉が私には「スィップ・スィー・バーツ」
聞こえました。

スィップ・スィーというと14です。しかしどう考えてもこの料理が
14バーツのはずがありません。

私はスィップ・スィー(14)スィー・スィップ(40)を聞き間違った
と思い40バーツを差出しました。

するとウエイトレスは首を横に振ります。

だんだん焦ってきました。

そして100バーツを渡すと、40バーツお釣りをくれました。

ということは、料理の値段は60バーツ

60ホック・スィップのはずです。

確かに私の耳には、スィップ・スィーと聞こえました。

スィー・スィップと聞き間違えたとしても、ホック・スィップと聞き間違
えるはずがありません。

店を出てからも、しばらく考え込みました。

もしかして、20バーツプチボッタクリされたかな?

そして、1時間、いや2時間ぐらいかかったでしょうか。

やっと分かりました。

答えは、今回は文章がちょっと長くなり過ぎましたので、次回発表
致します。

前もって言っておきますけど、大した答えではありません。

<続く>

  ↓ここをクリックするとタイ関連のブログがたくさん見れます
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ


キングオブタイナイト







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sunnynoryokouki2012.blog.fc2.com/tb.php/53-68ee70bb
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。